Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::word_count_js() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

消防設備だけではありません。経費削減 公共料金

公共料金(電気代、ガス代、水道代)は、みな同じ一律金額と思われがちですが、よく見ると経費削減のヒントが隠されています。

分析・試算の結果をもとに、削減のメリットが発生した場合のみ、成功報酬として発生削減メリット分の範囲内からのお支払いです。

全くリスクなく、毎月の固定経費を削減できるかどうかを確認・実行することができます。

電気料金の経費削減

現在の電気会社と契約は、適切でしょうか?

業務用休日高不荷電力 、業務用ウィークエンド電力、業務用休日平日電力、業務用電力、業務用電力2型、第2業務用電力、業務用高負荷率別契約、高圧電力A、高圧電力A2型、低圧高負荷電力、低圧高稼働電力など・・・電気料金は20種類以上に分類されます。

最適な契約プランを作成して、電力会社に申請することで、電気代の節減の可能性があります。もちろん、面倒な手続きは すべて当社が代行します。

ガス代の経費削減

ガス料金は、公共料金の中で唯一完全に自由化されています。つまり、誰もが、明日ガス屋を開くことができるのです。そのため、交渉次第ではガス料金を値下げすることも可能です。ガス屋によっては、いろいろな料金設定があり、多く使えばその分単価が下がるものなどの特典があります。

ガス料金の自由化を知らない企業は、かなりの損をしている可能性もありますから、見直しをおすすめします。交渉次第では経費削減に繋がりますので、検討してみましょう。

水道代の経費削減

水道料金は、「上水道」と「下水道」両方の料金が比例しています。上水道だけ経費削減を行った場合、もちろん下水道の経費削減にも繋がりますので、削減しやすい公共料金と言えます。

下水道には「下水道料金減免制度」という制度があります。水道料金は、2ヶ月に1回、上下水道の料金が請求されます。
上下水ともに比例していますから、上水道を100使ったのであれば下水道も100使ったことになります。
しかし、飲み水に使用した水や、料理に使う水は下水道を流れていません。
つまり、上水道を100使ったとしても、実際、下水道に流れたのは70の場合もあるわけです。
しかし料金は比例ですから、上水道と同じように計算されます。このような水を「消失水」と呼び、その量を計測して、水道局や自治体に申請することで、減額特例措置を受けることができます。
その制度が「下水道料金減免制度」なのです。その制度を使用することで、消失水分の下水道料金を削減し、経費削減へとつながる可能性があります。

Copyright© 2011 エルタイム株式会社 All Rights Reserved.