Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::word_count_js() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

小規模福祉施設の関係者様

0 消防設備点検は、2回(年間)必要です。1年1度の消防署への点検書類提出が必要です。

防火管理体制大丈夫ですか?特に夜間の防火・防災体制は検討されていますか?

小規模福祉施設開設時の、消防関連設備工事積極的におこなっています。

(消火器・自動火災報知設備・誘導灯・火災通報設備・スプリンクラーなど)

点検費用の目安

無線式自動火災報知設備+消火器3本まで+誘導灯3台まで

1回の基本料金:12,000円~(税別)

消火器5本まで+誘導灯5台まで

1回の基本料金:14,800円~(税別)

消火器5本まで+自動火災報知設備(5回線)まで+誘導灯5台まで

1回の基本料金:19,800円~(税別)

上記金額は、あくまで基本料金でございますので、ご連絡ください>>

ご注意

  1. 物件の所在地は名東区、尾張旭市、長久手町、及びそれらに隣接した地域を対象とさせていただきます。その他の地区は、ご相談ください。
  2. 消防設備点検料金には設備の不具合修理料は、含んでおりません。
  3. 製造後8年を経過した消火器は原則として取替えをお勧めいたします。
  4. 点検は、予定日時内に限らせていただきます。
  5. 消火器は、製造年を3年を超えますと、機能点検および薬剤の詰替えが発生いたします。(別途)

防火管理資料はこちらへ>>

工事実績はこちらへ>>

防火管理の強化はこちらへ>>

Copyright© 2011 エルタイム株式会社 All Rights Reserved.