Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::word_count_js() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/ltime/ltime.info/public_html/wp-includes/plugin.php on line 571

自動火災報知設備・防排煙設備 (画像)

 

発信機および鳴動テスト(受信機側)
  1. 建物内各所にあります発信機は、中央部分の押しボタンを押せば、非常ベルを鳴らすことができます
  2. 発信機と受信機の間は、受話器を使って通話ができます

    (該当しない機種もあります)

発信機および鳴動テスト(発信機側)
  1. 発信機と受信機の間で、電話のチャックをします
  2. 中央部分の押しボタンを押せば、非常ベルを鳴らすことができます
感知器作動試験
  1. 建物内に設置された、火災感知器を1個づつテストします
  2. 一般的な感知器は、熱に反応するタイプと煙に反応するタイプがありあます
映像は、2階でエレベーターに乗り、自動火災報知設備受信盤より、火災信号を出して、エレベーター管制のテストの模様です
  1. エレベーター内に”火災です”の音声が鳴り響き、自動的に1階(避難階)に動きだします
  2. 1階に到着したエレベーターは、受信機からの火災信号が消えるまでは、動くことはありません
火災が発生したときに、煙や炎から守り、避難経路と確保する防火扉の点検映像
  1. 点検者が煙を感知する感知器に試験用の煙ガスを送ります
  2. 煙感知器が反応したことを確認して、無線機と通して、受信盤と信号を確認します
  3. 防火扉を起動します
  4. 実際の火災では、人は何もせずに、自動的に扉がしまします
Copyright© 2011 エルタイム株式会社 All Rights Reserved.